具がない味噌汁

<< 社会人的週末の過ごし方って何かね? | main | キッチン、ピッチン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
イーグル・アイ
人に就職先を聞かれたら「雑誌つくってます」と簡単に答えるが、その実、業務内容はどっかの企業の会社案内だの社内報だのPR誌だのそういった印刷物が半分を占める。実際これまで雑誌の仕事には全く関わっていない。
それに関して、新人向けの業務説明会があった。

「今のままの業務スタイルでは、いくらいいものを作っても組織の経営者側の気まぐれでそれが世に出て行かないことがしばしば。」

ふむふむ。
先日もデザイン案と社内事情で板ばさみになっている担当者を目の当たりにしたばかりだ。

「これからはもっと業務の幅を広げて、企業の組織形態のあり方、戦略も含めてコンサルティングできるようにしなければ。」

うん。
まだ入社2ヶ月のペーペーで何の実体験もないけど、そのロジックはものすごくクリアに理解できる。
それは大学でさんざん刷り込まれた思考回路と全く一緒だ。

物理的なオフィス空間だけ変えてもうまくいかないから、組織のあり方も含めて考えましょう。
印刷物だけ作っててもうまくいかないから、組織のあり方も含めて考えましょう。

一緒すぎる。

じゃあもうなんだか社会主義みたいなコンサル会社を作ればいいじゃないか。
なんじゃそれ。矛盾しまくりやな。

物事を大局的に見ることは大事。
でも上から眺めようとあんまり登りすぎると、結局は人と同じ頂上にたどりついてしまうのではないか。

自然と触れあいながら情緒ある山道を登って頂上に着くと観光客がわっさーっていて雰囲気ぶち壊しになるのと一緒だ。
伏見稲荷の鳥居を全部登りきったらめっちゃしょぼいお堂みたいなんしかなくて、しかも自販のジュースが200円もして、えーってなるのと一緒だ。ちがうな。

とにかく、そんなミーハーな観光客的なことを言われてもそんなこと知ってるよ。ってなるだけだから、一番上から全体を俯瞰しつつ足元に広がる細部も望遠鏡で見えるようにしなあかんと思うわけですよ。望遠鏡はものすごく観光客向けだけどね。

しかし、細部なんて実際働いてみないと見えないわけですよ。
じゃあなんだ、結局仕事しろよってことか?
そういう説明会だったのか?
じゃあ仕事に戻りますよ働きますとも。

っていう理解で合ってるんだろうか?
| bridgesmall | きょうのできごと | 23:58 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:58 | - | - |
ご無沙汰してます。
人に仕事聞かれた時、「納豆つくってます」て言おうと思って、まだ一回も聞かれてないです。悲

東京はすごい町ですよね。
私も今は失敗しかしてなくて、雑務さえできてなくていつも半笑いになってしまって、隣の席の課長に呆れられてます。
頑張りましょう、社会人。
あいのに会いたいですね。
| aki | 2009/06/02 8:42 PM |

おしさしぶりです。どうですか新生活は?
ていうか納豆!?作ってるんですか?初耳。
akiさんも東京ですか?あ、もしかして水戸ですか?
東京は恐ろしい街です。特におっちゃんが標準語で会話してるのにいまだに慣れないです。「オレつかれちゃったよー」とか言ってるからもうなんか無条件でシバきたくなります。
まぁ、ぼちぼちがんばりましょう。

ニシハマックスぶりっこは近々帰国するらしいですね。あいかわらずブリブリしてるんでしょう。
| こ | 2009/06/03 12:31 AM |

よっ、おふたりさん。噂されるの好きです。ありがとう。

こはPもちょっとだけでも標準語になったんかなあ?
あいのは穏やかな英語のスキルアップとともに日本語の能力が激しく減退してます。ここでは日本人とは流暢なルー語で話してます。すっかり”ソーリー”が自然に出てしまうしな。
それは前と変わらんけど。
| あ | 2009/06/03 8:31 PM |

やーあいのあいのー

あ、東京なんてとんでもない。むっちゃ田舎です。
水戸はライバルです。お気をつけて。

おっちゃんの標準語ですね。わかります。
「ごめん待った?」

とか キー!!てなります。
頑張って下さい。

この前仕事でH報堂に行った時、エントランスからエレベーターから社員さんから社員食堂から、もう何から何までオサレ感むんむんで気持ち悪くなりました。

あいの英語スキルアップしてるんやねー(*´▽`*)
英語しゃべれんでも、日本語不自由なだけですでにかっこいい!
| aki | 2009/06/03 9:55 PM |










http://khssny.jugem.jp/trackback/125
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

このページの先頭へ